アップル Power Mac G5

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

米アップルの、2003年に発表された、Power Mac G5です。
バウハウス時代から引き継がれる、デザインの考え方。「形態は機能に従う」。
それを正に体現したデザインであり、Macのプロダクトデザインとして、極めて洗練され最高傑作と、発表された当時、そんな印象を持ちました。
それまでのポリカーボネートによる筐体デザインから一新し、アルミニウムよるシンプルでプリミティブなデザイン。

Power Mac G5はMac初の64bit CPU採用機種で、CPUは前世代のG4と比べ高性能ですが、消費電力が多く高熱になるため、前面はメッシュ構造で大量の空気を吸気できるようにデザインされています。
また筐体内部を通過して効率よく冷却できるように、完璧に空気の流れを考え抜いたデザイン。
そして、拡張性を考慮した内部へのアクセスのし易さや、外部のみならず内部構造自体も無駄なく美しく洗練され、全てのデザインが、あるべくして存在するような、お手本のようなプロダクトデザインです。

アップルのデザイナー、ジョナサン・アイブは、デザインとは、「形態は機能に従う」を更に掘り下げ、「形態はユーザーが与える意味に従う」ものと定義しています。
この考えは、プロダクトそのものだけではなく、それを使う人々の体験までデザインするアップルデザインの基本コンセプトであり、同時に現代デザインにおけるコンセンサスと言えますが、初代iMac、また、ブルー&ホワイトのPower Mac G3から採用されている、人との距離感を近付ける事を狙った「取手」もその一端。その取手部分も全体のデザインの中に無駄なくシンプルに溶け込み、全てが極めて考え抜かれた優れたプロダクトデザインとなっています。

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 )

[出典]ウィキペディア

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です