ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン クワガタ

Share

ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン クワガタ ( Vittorio Costantini Figurine Coleoptera Lucanidae )

ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン クワガタ
( Vittorio Costantini Figurine Coleoptera Lucanidae )

ランプワークの巨匠、ビットリオ・コスタンティーニ ( Vittorio Costantini ) によるガラス製のクワガタの置物です。
本物と見間違うほどの、溜息が出るほどの、精緻でリアルな造形・意匠です。
ランプワークは、ガラスの成形技法の一種で、バーナーの炎によってガラスを熔融し、成形することを称します。
棒ガラスや管ガラスを使うことが多く、とんぼ玉やガラスの人形等がよく知られているが、グラスなどの器やアクセサリー全般まで制作出来ます。

ビットリオ・コスタンティーニは、イタリア、ヴェネチアを代表するランプワークの作家。1944年、イタリア ムラノ島生まれ。
11歳から始めたガラス制作(ランプワーク)は、当初は余暇を使った趣味であったものの、1973年にはヴェネチアに工房を開くまでになりました。
彼が作り出す作品はすべて1点ものばかりで、同じものはありません。
常に身近にある自然の虫や鳥、魚などの「小さな宇宙」を観察し続けているため、この世の中に同じものが存在しないという彼の考え方に基づくものです。

自然の昆虫、蝶、鳥、魚、花々などの制作を得意としています。
自然を愛する心と、奇跡の技から生み出されるしなやかな作品、精綴な昆虫、泳ぐ魚、目の優しさが特徴の鳥たちが、躍動感溢れる生き物の世界へといざないます。
まるで本物と見間違えるほど精巧で、本物以上のリアリティと輝きを放っています。
自然の中に置かれても、何の違和感もなく溶け込んでいます。
精密で正確な造形技術は芸術作品と言えます。

ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン クワガタ ( Vittorio Costantini Figurine Coleoptera Lucanidae )

ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン クワガタ ( Vittorio Costantini Figurine Coleoptera Lucanidae )

ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン クワガタ ( Vittorio Costantini Figurine Coleoptera Lucanidae )

ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン クワガタ ( Vittorio Costantini Figurine Coleoptera Lucanidae )

[出典]Vittorio Costantini
[ビットリオ・コスタンティーニ購入サイト]楽天市場 ル・ノーブル


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share