木工 三浦信一 紫檀木画箱

Share

木工 三浦信一 紫檀木画箱

木工 三浦信一 紫檀木画箱

木工芸作家、三浦信一 (ミウラ シンイチ) による、木画箱作品です。
紫檀・神代欅・神代タモの木画で構成されています。
象牙による細線が、木画を引き立たせるとともに作品全体を引き締めています。
2010年の制作。

木工芸は、技法の種類が多く、板を組み合わせて箱などを作る指物、木塊を手作業で刳り抜いて器などを作る刳物、木材を轆轤で回転させながら刃物で削る挽物、薄板を環状に曲げる曲物などの造形技法のほか、異なる素材をはめ込む木象嵌などの装飾技法があります。

この木画箱は、指物(さしもの)の技法により制作されています。
指物は、木目の組み合わせを考えて、木を正確に切ることが第一歩です。
木を削ったり彫ったりして、つぎ手と呼ばれる凸と凹の部材をつくり、それらを直角に組み合わせて箱などの作品をつくります。金属のクギなどを使わないで組み立てることが、指物の特徴です。

それぞれのパーツが巧みに組み合わさり、味わい深い模様と造形を生み出しています。

三浦信一は、正倉院の御物に感銘を受け、木工芸を始めました。
色々と研究を重ね、和木・唐木にこだわらず、また加飾材料として金属・象牙・染角等を取り入れ、作品制作に取り組んでいます。
作風は、伝統的な意匠・形態を基に現代的なデザインを試みています。

木工 三浦信一 紫檀木画箱

木工 三浦信一 紫檀木画箱

木工 三浦信一 紫檀木画箱

木工 三浦信一 紫檀木画箱

木工 三浦信一 紫檀木画箱

木工 三浦信一 紫檀木画箱

[出典]ギャラリージャパン


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share