ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ゴージャス&エレガント。
華やかさと上品さが「気品」と言う括りの中で融合しています。
日本を代表する洋食器の名ブランド、「ノリタケ」の、限定コレクション。
和花コレクションと名付けられたコレクションシリーズです。

オールドノリタケの画帖からモチーフを厳選し、現代の感覚で甦らせた、和花を素材にしたコレクションです。
5つの和花をモチーフにしたセット。
白磁に、技を感じさせる、美しく上品に描かれた和の花と金彩の生み出すエレガンスが品格と高級感に溢れています。
ノリタケならではの質の高い仕事。

5つの和花は以下のものです。

菖蒲:
濃紺をベースにした大胆かつ男性的なレイアウトが特徴的。
菖蒲の葉の持つ直線的なラインが美しさを際立たせています。

夕顔:
艶やかな紅色に夕顔の花を大胆にレイアウトしています。
やわらかな曲線で構成されたデザインはアールヌーボースタイルの影響を感じさせます。

菊:
オリーブ色と金加飾を配した窓には色とりどりの菊の花が彩られ、背景の朱色は、茜色の夕焼けや朝焼けを表しています。

芥子:
江戸時代日本に持ち込まれ観賞用として愛されてきた芥子の花々。艶やかな赤、金色マイカ、深緑のコントラストが美しいデザインです。

楓:
古来和歌などにも歌われ、日本人に愛されてきた楓。
爽やかなセルリアンブルーの背景に種子を表現したかのような赤の配色は、木立の中から青空を見上げているようです。

現代的な感覚の中に、クラシカルな魅力に溢れたデザインが、所有する喜びを与えてくれる品です。
 

美しく精緻な磁器を日本でつくりたい-創業者の熱い思いのもとに、1904年ノリタケは誕生しました。日本初のディナーセットを完成させたのは、大正3年(1914)のこと。
その後、米国へ輸出された日本製の洋食器は大変な売れ行きで、やがて「ノリタケチャイナ」の愛称で慕われ世界中に知られるブランドへと成長していきました。ノリタケの食器とインテリアはカップ&ソーサー等の食器の他にも幅広いラインアップがあり、日本の生活様式を考えて世に送り出す食器やオールドノリタケを復刻した商品はまさに芸術品です。

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

ノリタケ 和花コレクション ティー・コーヒー碗皿アソートセット

[出典]ノリタケ食器オフィシャルサイト
[購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です