ラリック 花瓶 アヴァロン アンバー

Share

ラリック 花瓶 アヴァロン アンバー ( Lalique Vase Avalon Amber )
( Lalique Vase Avalon Amber )

琥珀色が美しく幻想的です。
優しさと柔らかさに溢れた触感をくすぐられる美しいガラスの花瓶。
フランスのクリスタルガラス工芸ブランド「ラリック」の花瓶作品です。
ラリック」は女性的で柔らかく優しく上品なデザインを特徴としています。

アヴァロン ( Avalon ) と名付けられたこの作品のオリジナルは、ラリックの創始者、ルネ・ラリックが、1931年にクリアのガラスでデザインしたものです。
アヴァロンはフランス東部ブルゴーニュ地方の町の名前。ブルゴーニュ地方は、ワインの製造で有名な地域です。 この実り多い森でさえずる小鳥たちをイメージしてデザインされています。

森に注ぐ西日の光のような、美しいアンバーカラーで復刻されています。ルネ・ラリックの象徴的なデザインを再解釈。豊富な甘い葡萄に魅了される小鳥たちを、美しく丁寧で優美なレリーフで表現しています。

ルネ・ラリックは20世紀初頭にフランス・アルザス地方の ヴィンゲン=シュール=モデールに工場を建設して以来、多種多様な加工技術を開発し、一流の職人を育成してきました。
クリスタルの原材料となる坩堝作りにおいても、専門の職人を配置する徹底した手作業の工程は、現在でも継承されており、1脚のグラスであっても 10人以上の工程を経て製造されます。
 

1860年にフランス・シャンパーニュ地方に生まれたルネ・ラリックは、1900年に開かれたパリ万国博覧会で「アール・ヌーヴォー」の宝飾デザイナーとして名声を得、その後ガラス工芸品の製作に転向し「アール・デコ」のガラス工芸作家として成功を収めました。その作品は今日、フランスの文化遺産に数えられ、パリ・オルセー美術館、ニューヨーク・メトロポリタン美術館など世界中のミュージアムに所蔵されています。

その特徴は、花や樹木、昆虫、動物、そして神秘的な女性像などを題材としてフロステッドといわれる艶消し技法を使ったレリーフによる装飾表現です。フロステッド加工、あるいはフランス語でサティナージュと呼ばれるラリックの伝統的な艶消しのテクニックにより、光は単純に透過することなくクリスタルの内部にこもってから柔らかに反射されるため、レリーフにニュアンスあふれる陰影が生まれます。深い白色のトーンから透明に近い仕上げまで、多彩なフロステッド加工においてラリックの工房は世界最高の技術を誇ります。

ラリック 花瓶 アヴァロン アンバー ( Lalique Vase Avalon Amber )

ラリック 花瓶 アヴァロン アンバー ( Lalique Vase Avalon Amber )

ラリック 花瓶 アヴァロン アンバー ( Lalique Vase Avalon Amber )

ラリック 花瓶 アヴァロン アンバー ( Lalique Vase Avalon Amber )

[出典・購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share