ハーマンミラー アーロンチェア

Share

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

それまでの椅子の概念を覆したエポックメイキングなプロダクトとも言える、有名な、ハーマンミラーのアーロンチェアです。
ハーマンミラーは、アメリカ発の著名な家具メーカーですが、今では、ハーマンミラーと言えばアーロンチェアと言う感じの、ハーマンミラーの代名詞的な存在と言える、革新的なチェアプロダクト。
発表されたのは、1994年。
Don Chadwick、Bill Stumpfによるデザインです。
人間工学に基づき、徹底的に座る快適さを追求した結果生み出された高次なデザイン。
何よりも特徴的なのは、快適さの創出において常識的なパーツであるクッションを全て廃した事です。

クッションを廃し、「ペリクル」と呼ばれるオリジナルのメッシュ素材が座面と背もたれに採用されています。
人間工学を念頭に、人の身体は直線からできてはいない、有機的な形の組合せ。そうした考えに基づき、有機的で、曲線的な、構造デザインアプローチにより生み出されたのが、ペリクルです。
メッシュ素材ペリクルによる弾力感により、座面は体の曲線を受け入れながらも沈み込むことはなく、体重のかけ具合、姿勢の変化に伴って表面の形状が柔軟に変化し、体重を分散します。
また、そのメッシュ構造により、快適な通気性が確保され熱がこもらないようにデザインされています。
座り心地を、柔軟性のみならず、通気性においても追求しており、トータルに快適さを考え抜いた設計となっています。

ペリクルのメッシュ構造は、レースや網戸などが、空気、光、水分を通すのと同じように、肌に自由な空気の流れを届けるという事を透け感のある外観でも表現し、快適さを視覚的にも訴求しています。
製品設計の視覚的要素として透明感を取り入れる事により、製品に採用されているテクノロジーを明確にし、その内部構造を理解する助けとなるとともに、周囲の環境を邪魔しないようにする効果を持たせています。

ユーザー・使用環境に応じて細かく調整できるカスタマイズ機能も卓越しており、多数の人々から非常に快適だと評価されています。
が、その緻密で革新的な考え抜かれた製品と言うのもあり、多機能デスクチェアとしては高価な部類に入ります。
アーロンチェアが登場した当時の状況や、独特な存在感・オーラから、インターネット・バブルの象徴かのように捉えられることも多く、ビジネスの成功者や名士のオフィスに、さりげなく部屋に置かれているような成功者のアイコニックなイメージがあります。
また、クリエーティブな仕事を行う職場における別格の存在として象徴的な意味合いで捉えられることも多いです。

その革新的なデザインは高い評価を得ており、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の「永久コレクション」となっています。

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

ハーマンミラー アーロンチェア ( Herman Miller Aeron Chair )

[出典]ハーマンミラー
[購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share