有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

Share

有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

日本を代表する陶磁器工芸品であり、日本の陶磁器発祥の地と言われる、「有田焼」の瑠璃色が美しい花瓶です。
江戸時代から続く有田焼の老舗、「香蘭社」の作品。
多種多彩な作風のある香蘭社の作品の中でも、この美しい瑠璃色の釉薬は、香蘭社を代表する作風の一つです。

モチーフとなっているのは、カトレアの花。
カトレアは洋蘭の一つで、最も有名な洋蘭。洋蘭の女王とも言われています。その美しい花びらが特徴です。

この花瓶では、大胆に咲きほこるカトレアの花を染付の濃淡で表現し、うす瑠璃の釉薬を重ねています。
染付とは陶磁器における加飾技法の一つで、白地に青色(藍色)で文様を表したものを指します。
釉薬の重ね塗りにより、何とも深みのある、美しいロイヤルブルーに仕上がっています。
花を活けやすく引き立てる花瓶。
 

日本磁器発祥の地、有田焼
有田焼とは、現在の有田町やその周辺で生産された磁器の総称で、江戸時代には、有田皿山で作られた製品が伊万里港から積み出されたために「伊万里焼」または「伊万里」と呼ばれました。

豊臣秀吉が朝鮮へ出兵した文禄の役(1592)・慶長の役(1597)の後、朝鮮半島から多くの陶工達が渡来、彼らによって日本の各地で次々と開窯されました。

とくに有田では17世紀初頭に有田泉山で良質の磁器原料が発見され、日本で最初に磁器が焼かれたところです。

その後、寛永14年(1637)に鍋島藩が伊万里・有田地区の窯場の統合・整理を敢行し、現在に知られている有田皿山の体制を整えていったのです。
 

香蘭社 – 雅な彩りに癒やされる有田の美
初代深川栄左衛門が有田で陶磁器の製造をはじめたのが、 江戸文化が花開いた元禄の頃。およそ三百年前のことです。
やがて日本にも近代化の波が訪れ、明治維新の激動期には これまで有田焼を支えてきた 佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失いました。
そんな中、八代深川栄左衛門は、 当時の選りすぐりの陶工や絵付師、それに陶商達を一つにまとめ結社を作りました。それが香蘭社のはじまりです。

明治八年の発足以降、世界各国で開かれた万国博で数々の名誉金牌を受賞。海外でもその評価を高めるとともに、明治二十九年には宮内省御用達の栄を授かり今日に及んでいます。
有田色絵磁器の多様な文様を集大成し、時代とともに進化する伝統美は 「香蘭社スタイル」「香蘭社調」 と称され、国内外で広く愛されています。

有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

有田焼 香蘭社 花瓶 染カトレア

[出典・購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share