大倉陶園 花器 「クラシックローズ」

Share

大倉陶園 花器 「クラシックローズ」

高級感とクオリティの高さ漂います。
日本の洋磁器メーカー、「大倉陶園 (おおくらとうえん)」による花瓶作品。
手描きによる薔薇の色絵が実に見事です。品格と気品、そして作品にかける誇りを感じさせます。
創業以来「良きが上にも良きものを」の志を理念として数々の名品を創り続けてきた、大倉陶園らしさを堪能出来ます。

大倉陶園は、日本を代表する洋風磁器ブランド、ノリタケグループ傘下の陶磁器メーカーです。世界的に評価が高いのは、その品質の高い仕事と美しい作品作り。1919(大正8)年、「良きが上にも良きものを」という大倉孫兵衛、和親父子のもとに創業された、上質の原料を用い、品質の高い磁器を作り続けています。

「クラシックローズ」と名付けられたシリーズの花瓶作品である本作。他にはない、優雅で大人のピンクのクラシックローズ。極上のエレガンスを醸し出しています。
手描きによる、精緻で洗練された上品な色絵。

繊細な日本画の技法を用いた素描きで表現されています。絵具を油で溶いて描くため多様な調子のある絵を表現でき、魂の筆先に咲き広がる花々は、薫りまで伝わってきそうに瑞々しく、その精緻な美しさに息をのみます。国家技能検定1級を取得した選りすぐりの絵師たちが心を込めて制作する品々はまさに芸術品。美術的にも高い価値を備えています。

美しく、品格溢れた白磁に金彩のアクセント、そして美しいローズの色絵。一味違う「良きもの」の味わいを十分に感じさせる芸術品です。洋磁器のエレガンスと、日本の繊細な美意識が絶妙に融合されています。
 

大倉陶園の製品は、「セーブルのブルー、オークラのホワイト」という言葉で賞賛されており、白磁の白さ、磁器質の硬さ、肌のなめらかさといった素材の良さを表しています。
さらに美術工芸品のように伝統技法を施した製品は、皇室御用達を賜り、また迎賓館へ納入されるなどまさに「日本における最高の洋食器」と高い評価を得ています。
大倉陶園独自の技法である『岡染め』『エンボス』『漆蒔き』などの技法は、他には見られない品格のある個性を醸し出しています。

株式会社大倉陶園 (おおくらとうえん、OKURA CHINA、INC.)は「良きが上にも良きものを」という大倉孫兵衛・和親父子の理念のもと1919年東京市蒲田区(現・大田区)に創業しました。
親会社のノリタケカンパニーリミテドなどと共に世界最大のセラミックス企業グループである「森村グループ」の一員でもあります。(他TOTO、日本ガイシ、日本特殊陶業など)
日本で従来からあった伝統的な呉須の染付や、ヨーロッパから取り入れた各種技法を用いて、日常品というよりはむしろ鑑賞価値の高い高級磁器を製造することを得意としています。

大倉陶園 花器 「クラシックローズ」

大倉陶園 花器 「クラシックローズ」

大倉陶園 花器 「クラシックローズ」

大倉陶園 花器 「クラシックローズ」

[出典]大倉陶園公式オンラインショップ
[大倉陶園購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share