ルネ・ラリック 香水瓶 ルナリア

Share

ルネ・ラリック 香水瓶 ルナリア

ルネ・ラリック 香水瓶 ルナリア

ルネ・ラリックによって製作された香水瓶。
ラリック特有の平たい形が印象的。
瓶本体をプレス成型し、瓶内部に浮き彫りのレリーフを作り出し、後から底部を溶着しています。
非常に手間のかかる成型技法のため、残存数が少なく貴重な作品。アンティーク品。1912年作。

ルネ・ラリックは、花や樹木、昆虫、動物、そして神秘的な女性像などを題材としてフロステッドといわれる艶消し技法を使ったレリーフによる装飾表現が特長。繊細で優美な美しさとヨーロッパの香り高い芸術性に溢れた工芸品です。
「アール・ヌーヴォー」の宝飾デザイナーとして名声を得、その後ガラス工芸品の製作に転向し「アール・デコ」のガラス工芸作家として成功を収めました。

ルネ・ラリック 香水瓶 ルナリア

ルネ・ラリック 香水瓶 ルナリア

ルネ・ラリック 香水瓶 ルナリア

ルネ・ラリック 香水瓶 ルナリア

[出典]ギャルリーオルフェ

Share

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share