ブチェラッティ 海をテーマにした 銀製 センターピース

Share

ブチェラッティ ( BUCCELLATI )  海をテーマにした 銀製 センターピース

ブチェラッティ ( BUCCELLATI ) 海をテーマにした 銀製 センターピース

イタリア、ミラノの金細工・宝飾品工房、「ブチェラッティ」の、銀製のセンターピース。
センターピースとは、テーブルセッティング等で中心的な役割を果たす装飾品の事です。
このセンターピースは、海をテーマに制作されており、ハマグリを下地にして、6つのオウムガイの殻で構成されています。
実に精緻で繊細な銀細工。その有機的な造形は海のうねりを思わせるダイナミックさを見せています。
本作品は1970年頃の制作。
ヴィンテージ・アンティーク品。

ブチェラッティ ( BUCCELLATI ) は、イタリア・ルネサンス期からの卓越した職人技を受け継ぐ宝飾品の最高峰の工房。
大詩人ダヌンツィオに「金細工の魔術師」と讃えられたジュエラー。
ブチェラッティは、1919年、イタリア・ルネッサンスを彷彿させる宝飾品工房として、マリオ・ブチェラッティにより創立されました。
その華麗で優美な技は、イタリアのみならずヨーロッパの王室、貴族、芸術家の垂涎の的となりました。
そして、奇跡とも思われるその技は、マリオ の息子 フェデリーコ・ブチェラッティ、そして今も、現代の当主ロレンツォによって引き継がれています。

ブチェラッティ ( BUCCELLATI ) 海をテーマにした 銀製 センターピース

ブチェラッティ ( BUCCELLATI ) 海をテーマにした 銀製 センターピース

[出典]Sotheby’s

Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share