有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

Share

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

日本を代表する陶磁器工芸品、「有田焼」の美しい豆皿の5個セット。
この作品は、プロダクトブランド「Floyd」がリリースしているものです。
日本の陶磁器発祥の地と言われる有田焼を、宝石のように美しいプロダクトとして発売しています。「Arita Jewel」と名付けられたシリーズ。

白磁に淡くまとった色とりどりの釉薬。まるで宝石のように艶やかで透明感のある豆皿です。その艶やかな様は宝石のようでもあり、お菓子のようでもあります。
細かい宝石のカットのような、キラキラとした結晶が特徴で、これは「結晶釉」という技法でつくられています。

「結晶釉」は、釉表面に大きな結晶が現れたもの。
釉薬は、陶器の表面を覆っているツルツルしたガラス質の部分の事ですが、結晶釉では、焼成の際に、釉薬の中の成分が大きな結晶になる釉薬を用います。
代表的なものに、亜鉛華結晶釉などがあります。

淡く美しい色合いに美しい結晶が表出し、魅惑的な艶やかさと透明感、上品さを醸し出しています。200年以上続く、有田焼と出会い、誕生した「Arita Jewel」。 陶磁器の新たな魅力を生み出しています。

カラーバリエーションは、ブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、パープルの5種類。サイズは直径100mmと手頃なサイズで、食べ物以外にヘアアクセサリーやブローチなどの小物を置くことにも適しています。
 

日本磁器発祥の地、有田焼
有田焼とは、現在の有田町やその周辺で生産された磁器の総称で、江戸時代には、有田皿山で作られた製品が伊万里港から積み出されたために「伊万里焼」または「伊万里」と呼ばれました。

豊臣秀吉が朝鮮へ出兵した文禄の役(1592)・慶長の役(1597)の後、朝鮮半島から多くの陶工達が渡来、彼らによって日本の各地で次々と開窯されました。

とくに有田では17世紀初頭に有田泉山で良質の磁器原料が発見され、日本で最初に磁器が焼かれたところです。

その後、寛永14年(1637)に鍋島藩が伊万里・有田地区の窯場の統合・整理を敢行し、現在に知られている有田皿山の体制を整えていったのです。

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

有田焼 Floyd 「Arita Jewel」 5pcs Set

[出典]Floyd
[Floyd購入]Amazon.co.jp
[有田焼購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share