京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

Share

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

和のエレガンスとエッセンス。
京都を代表する伝統工芸、「京焼・清水焼」の組湯呑です。
京焼・清水焼の昇峰窯の作品。
昇峰窯は、交趾(こうち)の技法が得意な窯。従来の色だけで無く独自でも開発した釉薬も使っています。

紅を思わせる鮮やかな赤と京風の紫の色の組み合わせが、鮮やかです。
その鮮やかな色彩に、丁寧に精緻に描かれた桜の花びらが美しく、また和風のエッセンスが滲み入るようです。
口金のついた筒に白泥を入れて絞り出しながら文様を描く“いっちん”という技法を用い、その線を境にひとつひとつ手作業で色を差すという手の込んだ工程で仕上げています。
匠の技と伝統を感じさせる作品。手描きの美しさが魅力です。

交趾(こうち)という名称は、中国南部で作られた色釉の陶磁器が交趾船により舶来したことに由来すると言われています。
青、黄、緑、紫などの釉薬を用いて、いくつかの色を組合せ、やわらかみのある色調が特徴の技法です。

京焼・清水焼は、作家ごとの個性が強いのが特徴。窯元・作家により様々な作風・風合いの作品が生み出されています。
 

京都は千年にわたる都の歴史の中で、独特の雅な文化風土を形作ってきました。
その中で、はぐくまれた京焼・清水焼は、華麗で繊細、そして洗練をきわめた日本の代表的な伝統工芸の逸品です。

仁清・乾山をはじめ先人たちが築いてきた、伝統のこころをまもりながら、現在の時代感覚に、熟練の技を注ぎこんだ作品を創りだしています。

京焼の伝統を受け継ぎ、今も京都やその周辺地域で様々な種類の焼物を、手造り・手描きによって作られています。

京焼とは京都の焼物の総称。
かつては三方を山で囲まれた京都盆地内に茶器や割烹食器などを作る様々な窯場があり清水焼も京焼の中の一つでした。
清水寺の麓でつくられていた清水焼が今なお盛んに生産されており京焼・清水焼と並び称されるようになりました。現在では東山一帯、山科、宇治などで生産されているものも京焼・清水焼と呼ばれています。

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

[出典・購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share