レコードプレイヤー 「Love」

Share

レコードプレイヤー 「Love」

未来的で美しいフォルム。そして斬新なアイデアです。
プロダクト・デザイナー、イヴ・ベアール ( Yves Béhar ) がデザインした、ターンテーブル、レコードプレイヤーです。
プレイヤー自体がレコードの上を回転するという、プレイヤーの固定概念を覆したプロダクトです。

プレイヤーの動きのみならず、トラックをスキップできたり、スマホのアプリから操作できるなど、デジタル音楽に慣れた人にも扱いやすくなっている製品です。
近未来的で艶に溢れたシンプルで美しい形状のターンアームが、時計の針のようにレコードの上で回転します。
従来のレコードプレイヤーの煩雑な操作から開放し、レコードを聴くという体験をもっとシンプルにすべきと言う考えから開発されています。

レコードを支える小さなベースと、その周りを回るトーンアームで構成されています。トーンアームはスピンドルの周りを回転し、その重量はスピンドルが支えているので、レコードに触れるのは針だけという構造になっています。
溝には負担がかからない構造。「インテリジェント」なプレーヤーであり、Bluetooth対応のスマートフォン・アプリから送信されたコマンドに反応します。

トーンアームの下面には赤外線センサーが備わっていて、レコードをスキャンして各曲にトラック番号を割り振ることができます。アプリ(あるいはLove)を軽く1回たたくと最初の曲が再生され、2回たたくと2曲目にスキップします。どのトラックを再生中かについては、光る番号が教えてくれます。さらにLoveでは、「Shazam」に類似した音楽認識技術を使用して、再生中の曲のタイトルも表示出来ます。

このプレイヤーは現在、Kickstarterで資金調達を行っています。

イヴ・ベアールは、スーパーデザイナーと評され、現在におけるプロダクト・デザイナーで最も著名なデザイナーの一人。
Jawboneのスピーカー「JAMBOX」やフィットネス用リストバンド「Jawbone UP」など、強烈な個性をもつ消費者向け製品のデザインから、発展途上国向けの「100ドルパソコン」や、HIV対策のコンドーム配布プロジェクトなど多岐にわたる活動をしています。
「デザインとは、未来を示すだけでなく、わたしたちを未来に連れて行くためのものです」と語るイヴ・ベアールのデザインは、わたしたちを未来へ、次世代へと誘う魅力に満ちています。

レコードプレイヤー 「Love」

レコードプレイヤー 「Love」

レコードプレイヤー 「Love」

レコードプレイヤー 「Love」

レコードプレイヤー 「Love」

レコードプレイヤー 「Love」

レコードプレイヤー 「Love」

[出典]WIRED.jp
[イヴ・ベアール作品購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share