マイセン 花瓶「孔雀」

Share

マイセン 花瓶「孔雀」 ( MEISSEN® Vase "Peacock" )
( MEISSEN® Vase “Peacock” )

優美で優雅。ヨーロッパの気品と品格。
ドイツの名陶、「マイセン」の世界限定コレクションの作品です。
2018年のコレクション。マイセンは、世界三大陶磁器の一つと評される陶磁器の名ブランド。
この世界限定アイテムは、19世紀に活躍した造形家、エルンスト・アウグスト・ロイテリッツ(1818-1893)の生誕200年を記念して発表されたものです。

クレタヴェースと呼ばれる、古代ギリシア人がワインを混ぜるために使用した古典的なフォームに、造形された2羽の孔雀が印象的です。革新的に組み込まれており、頭がそのハンドルを形成しています。
孔雀は、美しさ、富、愛と情熱を象徴しています。
ホワイトゴールドと23カラットの金色の華やかな装飾が気品と荘厳さに溢れ、対の孔雀を相互に補完しあっています。

孔雀の頭部の色と同じ色が脚の部分に宝石(サファイア)のように入れられ、豊富な金彩が全体をこの上なく優美に装飾しています。
花瓶の上に細かく飾られたレリーフモールディングが、実に精緻で美しくまた華やかに輝きを放っています。
極上のエレガンスと華やかさ。マイセンの熟練マイスターが情熱を注ぎ込んだ技術と品質。

世界で25点の限定生産品です。
 

1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯。それまで磁器は有田の古伊万里を始め、東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。
当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生。以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。
贋作防止のため、マイセンの陶磁器には交差した2本の剣のトレードマークが1723年から用いられており、これは現在まで使われているトレードマークの中ではもっとも古くからあるものの一つです。
「青い双剣」と呼ばれるこの剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるとも言われます。
なお、刃や鍔の傾きなどは年代によって変化しています。
今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。

マイセン 花瓶「孔雀」 ( MEISSEN® Vase "Peacock" )

マイセン 花瓶「孔雀」 ( MEISSEN® Vase "Peacock" )

[出典]ドイツの名窯マイセン 日本公式サイト
[マイセン購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share