ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

Share

ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

ゴールドとピンクの組み合わせが、エキゾチックさとエレガントさを同居させています。
タイを代表する陶磁器工芸品、「ベンジャロン焼」のティーセットです。
ベンジャロン焼は、タイ王室御用達として作り始められた高級磁器です。
特徴的なのは、その華やかさとゴージャスさ。そしてその中にあふれる気品です。
美しい色の文様は金で縁取られ、絢爛たる装飾が魅力。

タイと言えば、きらびやかな王宮寺院や、鮮やかな色に金をあしらった伝統民族衣装などをイメージします。
ベンジャロン焼もそうした「タイらしさ」を感じさせます。
このティーセットの作品も、そうしたベンジャロン焼の魅力を余すことなく魅せています。高級感溢れる質感、エレガントなデザイン、ピンクとゴールドと白いう絶妙な配色は、実用品の他、インテリアとして飾っても非常に魅力的です。

ベンジャロン焼の歴史はアユタヤ王朝の17世紀前後から始まったとされています。
中国(当時の明朝)から白い磁器の上に彩色が施された色絵食器が伝わってきました。当時のタイ国内にはまだ製作環境がなく、陶工を中国へ派遣して生産していたそうで、この雅な作風から出来上がったやきものは王室におさめられていました。この時期は日本でも有田焼や古伊万里焼など色絵が盛んに作られていた時代で、外交がさかんであったアユタヤにも輸入されて人気だったようですよ。そうして王室のものであったベンジャロン焼は時代とともに一般にも高級食器として浸透するようになっていったのです。

ベンジャロンとは古代サンスクリット語で5色を意味しますが、ベンジャロン焼に使われている色の種類は5色だけでなく様々な色が使われています。
アユタヤ王朝時代16世紀末から17世紀前半頃には、中国から磁器や多色の上絵具を焼き付ける技術が伝えられました。ベンジャロン焼のデザインが金色を使用した豪華なものになったのは今から200年ほど前のチャクリー王朝ラーマ2世の時代。そして王室御用達から裕福な貴族、商人の生活にも浸透していきました。

ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

ベンジャロン焼 ティーセット ピンク

[出典]アジアン雑貨イムスアイ
[ベンジャロン焼購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share