フランス熟練職人集団によるミニチュア階段

Share

フランス熟練職人集団によるミニチュア階段

ミニチュアって不思議です。精巧なミニチュアは、ウキウキした気持ちと共にスッとその世界観に引き込まれます。
この極めて精巧なミニチュア階段は、フランスの超熟練の職人集団「コンパニオン」による作品です。
冒頭のミニチュア階段は、19世紀半ばから後半に製作されたもの。オーク材を、刻み、結合し、削り出し、曲げるなどの加工を施し、製作されています。その精緻で巧みな仕上がりは驚嘆に値します。

このフランスの職人集団「コンパニオン」の発祥は中世と言われています。中世から現在に至るまで存在している職人集団。
コンパニオンには、1万2千人の職人が所属していると言われています。
コンパニオンの一員になりたい若者たちは、フランス各地の街にある寄宿舎に共同で宿泊し、その土地に住む熟練の職人について技術を学びます。1カ所につき約6カ月の修行を終えたら、次の場所へ移動して別の職人のもとについて技術を学び、次第に熟練の技術を身につけていきます。

コンパニオンは木材・金属・石材・皮革・織物という5つの材料ごとのグループに分かれています。これらのグループには、パン職人、下駄職人、大工職人、石工職人、ガラス職人などの多くの職人がいます。また、メンバー間で強い仲間意識が存在します。どのクラフトであれ、コンパニオンの一員になるためには少なくとも5年の修行が必要とされており、見習いからマスターワーククラスに至るまでは、非常に長い道のりを要求されます。

木工のコンパニオンでは、その歴史の中で、小さくて非常に精巧なミニチュアの階段が数多く製作してきました。大きさはいずれも数十センチ程度しかありませんが、しっかりと自立しており、非常に優雅で繊細です。

フランス熟練職人集団によるミニチュア階段
階段モデル(フランス)、19世紀半ばから後半。刻まれ、結合され、向きを変えられ、曲げられ、そしてオークを削った。高さx幅x奥行き:52 x 71 x 44 cm; Eugene V.とClare E. Thawからの贈り物。Courtesy Cooper Hewitt Museum

職人たちはミニチュアの階段を作る材料として梨・黒檀・クルミ・マホガニーなどさまざまな種類の木材を使い、小さな手すりや欄干の装飾には骨や真鍮などを使いました。ミニチュアの階段は全てが手作業で彫刻され、組み合わされ、象眼などの装飾もちりばめられており、非常に豪華な作りになっているものがほとんどです。これらはコンペ用に制作される事もありました。
コンパニオンの見習いたちは自分の名声を上げるために競ってこれらの精巧なミニチュア階段を製作し、時にはグループで共同して少し大きめの階段を製作し、人々の称賛を求めて街中をパレードすることもあったそうです。

フランス熟練職人集団によるミニチュア階段
フランス風の曲線階段モデル、1850年; クルミの彫刻、平削り、回転、およびベニヤ仕上げ。高さx幅x奥行き:30 x 28 x 43.5 cm; Eugene V.とClare E. Thawからの贈り物。Courtesy Cooper Hewitt Museum

 
現在でもコンパニオンの人々は熟練の技術を伝え続けており、近年ではフランス国外でもさまざまなものを製作しています。たとえば1980年代にはアメリカの自由の女神像のトーチ部分を新しく製作し、1990年にはハリケーンが直撃したサウスカロライナ州でアンティーク家具の修復作業などを行いました。

コンパニオンの制度が今でも引き継がれていることに変わりはありませんが、内情には少しずつ変化が現れ始めているとのことです。かつて、コンパニオンになることができるのは男性に限られていましたが、2005年からは女性のコンパニオンを受け入れるようになりました。また、コンパニオンの国際化も進んでおり、現在ではドイツとポーランドで修行を積むこともできるそうです。

フランス熟練職人集団によるミニチュア階段
階段モデル、19世紀半ばから後半。マホガニー、オーク; 高さx幅x奥行き:91.8 x 59.8 x 47 cm; Eugene V.とClare E. Thawからの贈り物。Courtesy Cooper Hewitt Museum

 
いくつかの変化がみられるコンパニオンの制度ですが、彼らの仕事に対する情熱と献身的な姿勢に変わりはありません。「栄光は仕事にあり、怠惰を軽蔑する」という言葉が、19世紀にコンパニオンとなった人物へ送られた証書に書かれていましたが、21世紀の現在でも、コンパニオンには同じ精神が受け継がれています。

フランス熟練職人集団によるミニチュア階段
階段モデル(フランス)、19世紀後半。チェリー、クルミのかんな、結合、張り合わせ。高さx幅x奥行き:31 x 13 x 17.2 cm; Eugene V.とClare E. Thawからの贈り物。Courtesy Cooper Hewitt Museum
フランス熟練職人集団によるミニチュア階段
階段モデル(フランス)、18世紀後半。結合、平削り、曲がり、彫刻された梨、鍛錬された真鍮線、骨になった。高さx幅x奥行き:75 x 67.3 x 67 cm; Eugene V.とClare E. Thawからの贈り物。Courtesy Cooper Hewitt Museum
フランス熟練職人集団によるミニチュア階段
二重回転階段モデル、1850-1900; RB製。チェリー; 高さx幅x奥行き:48.6 x 33.5 cm; Eugene V.とClare E. Thawからの贈り物。Courtesy Cooper Hewitt Museum
フランス熟練職人集団によるミニチュア階段
階段モデル、19世紀。梨木; 高さx幅x奥行き:44 x 16.5 x 16.2 cm; Eugene V.とClare E. Thawからの贈り物。Courtesy Cooper Hewitt Museum

 
[出典]GIGAZINE, Atlas Obscura
[木工ミニチュア購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share