トマス・アロンソ + 有田焼

Share

トマス・アロンソ + 有田焼

ジオメトリック(幾何学)な造形が心地よさと洗練されたモダンさを感じさせます。
日本の伝統陶磁器工芸品「有田焼」創業400年周年を記念したコラボプロジェクト「2016/」の作品。
ロンドンを拠点に活動するデザイナー、トマス・アロンソ(Tomás Alonso)と有田焼とのコラボレーション作品です。
シンプルな幾何学の形、色、サイズからなるコンテナスタイルの器たちで構成され、その多彩な組み合わせが多様な色合いと表情を魅せてくれます。

各器は、決められた機能があるのではなく、異なるコンテクスト、異なるアレンジによって機能が自在に変化します。
ダイニングでは食器として、書斎ではデクスオーガナイザーとして、リビングではオブジェとして、アイデア次第でさまざまな使い方を楽しむことができます。
その日の気分でパステルの器を組み合わせたり、モノトーンでまとめたり、料理に合わせてコーディネートを考えるもの楽しめます。

小さなプレートにティーカップとクッキーを乗せて優雅なティータイムや、和の食卓では、醤油や薬味入れなど。
カップを一輪挿しとして、リビングで複数個並べたり、玄関や洗面、寝室にひとつ飾っても良し、シンプルなカップは花を活ければ、さらにオブジェとして引き立ちます。そんな使い手によって様々な用途で使用できる現代的な器のシリーズ。

2016年、有田焼創業400年周年を記念して佐賀県とオランダのコラボレーションによるプロジェクト「2016/」がスタート。
トマス・アロンソ氏は、頭の中がゼロの段階からまずは有田を訪れ、窯元を視察したり、有田の風景等を見てアイデアを生み出したそうです。窯元たちの製造風景や生産の体制なども踏まえ、そこに自身のデザインをマッチさせて、世界中でながく愛される続ける有田焼のコレクションを目指しています。
そして、このコンテナシリーズが、どんなシーンにも合うのは磁器独特の上質な素材感と、無駄を削ぎ落としたミニマルなディテールだからこそ実現したものです。

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

トマス・アロンソ + 有田焼

[出典]ToKoSie ー トコシエ
[有田焼購入]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share