九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

Share

九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

吸い込まれそうな色彩の宇宙です。
陶磁器とは思えない、圧倒的な発色と彩色美。
美しいブルーとグリーンの色合いが絶妙です。
九谷焼の名作家であり、人間国宝の、三代 徳田八十吉による花瓶作品です。

柳雨軒、三代目、徳田八十吉 ( 人間国宝・故人 ) は、初代、八十吉が特徴としていた、古九谷の色彩や表現技術を受け継ぎ、自らの研究・工夫を重ね、独特の色彩技法を編み出しました。
従来の九谷焼のような絵柄 ( 山水・人物・花鳥風月 ) ではなく、色の配色のみで作品を仕上げてるのが大きな特徴です。西洋美術の影響を受け、抽象的で、色のグラデーションの微妙な変化やコントラストの美しさを特徴とする、段階的に色彩を変化させる独特の技法「耀彩(ようさい)」を生み出しました。色は約70色を使い分け、色のグラデーションのみで作品を仕上げる技法です。

釉薬で色彩を調整した鮮やかな群青色に強い個性があり、海外にも多くの作品を発表して高い評価を得ています。
その美しさと色彩とコントラストは、色味豊かな九谷焼の中でも、ひときわ独特な世界観を形成しています。圧倒的な存在感と吸引力のある作風。
多くの作家は、従来より上絵の焼成温度は900℃前後でしたが、三代 徳田八十吉は、1000℃前後で焼成していることも特長です。高温で焼成すると、深い色味が表出します。
作品の形状はロクロ成形で、面取成形を使い、多種多様のものがあります。紺系の色釉を中心に、絶妙な濃淡を使い分け、作品の深みと艶を出しています。

2009年8月26日死去。四代目は、三代目徳田八十吉の長女。三代目の死去を受けて翌2010年に襲名しています。
 

日本国内での「知名度」はもちろん、海外でも「ジャパンクタニ」と高い評価を受ける九谷焼。「赤、緑、黄、紫、紺青」の「5彩の色使い」で豪快かつ繊細に描かれる「色絵の表現力」は他に類がない、九谷焼「独特の魅力」です。
今も昔も、その「完成度の高さ」から、「大切な方への贈り物」や「特別な記念品」として、「個人の方から、企業の方」、さらに、「宮内庁御用達」の工芸品として大変重宝されています。
九谷焼は、敬老の日、金婚式、銀婚式の記念品・贈答品、父の日・母の日・誕生日プレゼントに、定年退職祝い、内祝い、還暦祝い、喜寿祝い、米寿祝い等の記念品として、人気の高い、陶磁器の名ブランド。

長い歴史を持つ九谷焼は、鮮やかな「九谷五彩」の中に、土に命を注ぎ上絵に心を込める職人のひたむきな情熱と豊かで細やかな感性が見事に調和して表現されており、日本を代表とする陶磁器として国内はもとより海外まで知られ、多くの人達に支持され親しまれております。

九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

九谷焼 三代 徳田八十吉 花瓶 碧明耀彩

[出典]SHINGORI.COM | 詩と陶芸
[徳田八十吉 関連作品]Amazon.co.jp


  • MoMA STORE



Share

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share